プロ厳選3銘柄を先行配信中!
お役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスを今すぐ登録!
 個人情報保護に関する事項に同意する。
 利用規約、メール配信に同意し日本投資機構株式会社からのメールを受け取る。
 当サイトの反社会的勢力との関係遮断に対する基本方針に同意する。
 契約締結前交付書面を日本投資機構株式会社の配信メールに記載されているURLから確認又はPDFダウンロードにて受領し、契約締結時交付書面をご契約後にメールにて受け取る書面の電子交付サービスに同意する。※ご登録頂くコンテンツは、日本投資機構株式会社が運営するサービス名『キングトレード投資顧問』です。

テーマ株

「全固体電池」関連銘柄!超小型化と商用化で期待値が益々高まる!

 

今回ピックアップするテーマは「全固体電池」関連

 

EV(電気自動車)やIoT関連の需要が高まる中、次世代の二次電池として注目が集まるのが全固体電池。

 

関連銘柄の注目度はというと、期待感が先行して大きく上昇していたことから2018年は大暴落となっています。

 

しかし、投資家の関心が最も高いテーマの一つであることから2019年には大反発が期待されます。

 

そんな全固体電池関連銘柄について、過去の動向と2019年の注目ポイントを見ていきます。

 

【厳選テンバガー狙いの銘柄を無料配信中!】

 

1.全固体電池の過去

1-1.2018年以前の全固体電池の動向

スマホやデジカメなど身の回りの数多くの電気機器に搭載されているリチウムイオン電池は、正極、負極、セパレータ、電解液などから構成されています。

 

リチウムイオン電池は性能や用途によって使われる材料が異なりますが、正極にリチウム遷移金属複合酸化物、負極に黒鉛などの炭素材料、電解質に有機溶媒とリチウム塩が使われることが多くなっています。

 

今回注目する全固体電池は、その名の通り、全ての部材を固体の材料で構成する電池のことです。

 

全固体電池とリチウムイオン電池の最大の違いは、全固体電池では電解液を使用しない点にあります。また、全固体電池では、正極と負極の接触を防ぐセパレータも不要になります。

 

既存のリチウムイオン電池と比べた全固体電池のメリットとしては、発火リスクのある電解液を使わないため安全性が高いことや作動温度範囲が広いこと、劣化しにくいことなどが挙げられます。

 

特に、安全性の高さから全固体電池は大きな注目を集めており、EV(電気自動車)や家庭用蓄電池など大型電池が求められる領域において商用化が求められています。

 

トヨタ自動車は全固体電池の研究に力を入れていることで知られており、特許件数では2位以下を大きく引き離している全固体電池の世界的リーディングカンパニーとなっています。

 

1-2.過去に急騰した全固体電池関連銘柄

マーケットにおいても、全固体電池は大きな注目を集めています。

 

光学ガラスのトップメーカーとして知られる【5218】オハラは、全固体電池関連銘柄として大きく買われた銘柄です。

 

同社は2017年10月に、既存のリチウムイオン電池の性能向上に効果が見込める、ガラスセラミック素材を使った添加剤を開発するなど、全固体電池に関連する研究を進めていることで知られます。

同社の株価は、2012年末から2013年5月に掛けてのアベノミクス相場でも上がらず、2016年までは長らく500円前後で停滞していました。

 

しかし、全固体電池が注目を集めるとともに上昇し、2016年6月に一時481円まで下がった株価は、2018年1月には4,330円まで上昇。

 

アベノミクス相場でも上がらなかった“終わっていた銘柄”が、全固体電池への期待から大きく買われるようになり、1年半で9倍以上の暴騰となりました。

 

ただ、この1年半に大きく上げ過ぎた反動から2018年には大きく値を下げており、2019年1月には1,600円前後まで大きく値を下げています。

 

1-3.新規参入が続く全体電池

新型コロナウィルスの世界的拡大を受けて、製造業に関するニュースはほとんど話題にならなくなっています。

 

全固体電池のリーディングカンパニーでもあるトヨタ自動車にしても、人工呼吸器の製造をサポートするというニュースが最もピックアップされている状況です。

 

ただあまり話題にはならないものの、全固体電池に関する動きは水面下で進行しており、マーケットも密かに反応しています。

 

2020年4月20日付けの日刊工業新聞では、【1964】中外炉工業が全固体リチウムイオン二次電池の主要材料である電解質の製造装置に参入することが報じられ、同社は大きく買われました。

 

2019年12月には、【6976】太陽誘電が2021年度中までに全固体電池の量産計画を発表するなど、全固体電池には新規参入が相次いでおり、今後も主要企業の参入が続くものと見られます。

 

また、トヨタ自動車とパナソニックが共同設立した電池事業の新会社「プライム プラネット エナジー&ソリューションズ」は2020年4月1日から予定通り操業開始しています。

 

同社は、車載用のリチウムイオン電池に加えて、全固体電池の開発・製造・販売を手掛けていくということです。

 

★注目ポイント1
全固体電池は、全ての部材が固体の材料で構成された銘柄。電解液を使わず安全性が高いことから、EVや家庭用蓄電池などの分野で商用化が期待されている。

 

【厳選テンバガー狙いの銘柄を無料配信中!】

 

2.全固体電池を振り返る

 

2-1.全固体電池に力を入れている企業をピックアップ!

全固体電池に力を入れている企業を見ていきましょう。

 

世界的自動車メーカーの【7203】トヨタ自動車は全固体電池のリーディングカンパニーであり、トヨタの動向が全固体電池の未来を左右することになると言っても過言ではありません。

全固体電池に関するトヨタの動向は必ずチェックしておきましょう。

 

化学メーカーの【4275】カーリットホールディングスは固体電解質の研究に力を入れており、全固体電池関連銘柄として物色されることが多くなっています。

 

富士通系電池メーカーの【6955】FDKは、2018年2月末に開催された「国際二次電池展」で、富士通研究所と共同開発した新型の正極材料を使った全固体電池を公開しています。

 

全固体電池の量産化を目指す【6762】TDKや、全固体電池の大型化を進める【6981】村田製作所といった日本を代表する材料メーカーにも注目が集まります。

 

また、2016年から2017年に掛けて全固体電池関連銘柄として暴騰した【5218】オハラにも、依然大きな注目が集まります。

 

★注目ポイント2
2018年には全固体電池に関する目立ったニュースは特になく、マーケットでも注目されることはなかった。しかし、多くの株式情報サイトでは「全固体電池」は最も検索されているテーマになっている。

 

【厳選テンバガー狙いの銘柄を無料配信中!】

 

3.全固体電池の株価動向

 

3-1.アメリカの全固体電池企業に出資!【6584】三櫻工業

車輌配管やブレーキ用チューブなどの自動車向け製品を手掛ける【6584】三櫻工業は、2019年に全固体電池関連銘柄として最も注目された銘柄です。

 

同社は、全固体電池の開発を手掛けるアメリカのソリッドパワー社に出資していることから、全固体電池関連銘柄に数えられています。

 

同社の株価は、2019年1月初めには542円を付けていました。その後も売られ続け、6月には377円まで下落…。

 

大きな転機が訪れたのは9月でした。

 

9月末の決算で、連結最終利益を従来予想の3億円から18億円へ6倍に上方修正したことを発表。

 

このニュースを受けて買いが殺到し、10月には2,050円にまで急騰しました。

2019年年初からの最大上昇率は+278%となっています。

 

ただ、2019年10月に高値を付けてからは、急騰の反動で大きく値を下げており、2020年2月現在は1,000円前後で推移しています。

 

3-2.全固体電池の量産化で注目!【6762】TDK

電子部品メーカー大手の【6762】TDKは、全固体電池の量産化に取り組んでいるなど、全固体電池に積極的な企業です。

 

同社は、充放電可能なSMDタイプのオールセラミック全固体電池「CeraCharge」を世界で初めて製品化したことでも知られています。

 

同社の株価は、2019年1月初めには7,420円を付けていました。

この1年間では上昇が目立っており、2020年1月には12,880円まで上昇。

 

この1年間で最大+73%の大きな上昇率を記録しています。

 

三櫻工業、TDKともに、「全固体電池関連銘柄だからここまで大きく買われた」とまでは言えませんが、全固体電池への期待が株価上昇に繋がった側面は少なからずあると見てよいのではないでしょうか?

 

3-2.注目の全固体電池銘柄

今後も注目しておきたい全固体電池関連銘柄を、数銘柄ピックアップしました。

銘柄 主なサービス
【4275】カーリットホールディングス 電気系化学メーカー。固体電解質の研究に強み。
【5218】オハラ 光学ガラスのトップメーカー。リチウムイオン電池の性能向上が見込める添加剤。
【6762】TDK 電子部品メーカー大手。全固体電池の量産化に取り組む。
【6955】FDK 富士通系電池メーカー。新型正極材料を使った全固体電池、チップ型全固体電池。
【7203】トヨタ自動車 世界的自動車メーカー。全固体電池の特許数世界トップ。

 

★注目ポイント3
全固体電池関連銘柄は2018年に大暴落となったことから、2019年には巻き返しの大反発が期待される。2019年にも、トヨタとEVの動向には依然注目が集まる。

 

【厳選テンバガー狙いの銘柄を無料配信中!】

 

4.まとめ

全固体電池関連銘柄は期待感が先行して上昇していたこともあり、2018年には関連銘柄は軒並み大暴落となってしまいました。

 

しかし、多くの主要株式情報サイトで「全固体電池」は注目度ナンバーワンのテーマになっていることから、投資家の注目は依然高いことがうかがえます。

 

2018年に大暴落となった反動で、2019年には全固体電池関連銘柄が大暴騰してもおかしくありません。

 

トヨタ自動車の全固体電池に関する動向やEVに関するニュースにはアンテナを張っておき、全固体電池関連銘柄の動向をチェックしておきましょう。

 

CATEGORIES & TAGS

テーマ株,

執筆者:

プロフィール情報