基礎知識

東証2部・ジャスダック・東証マザーズの違いと特徴

証券取引所で売買を行う事が出来る市場は主に4つ。

 

日本を代表する企業が名を連ねる「東証1部」や中小企業中心の「東証2部」、ベンチャー企業を中心とする「マザーズ」や「ジャスダック」などがあります。

 

今回は、その中でも個人投資家の注目度が高い新興市場から、東証2部・ジャスダック・東証マザーズの違いとそれぞれの特徴について解説していきます。

 

2018年テンバガー候補銘柄一覧はこちら

1.東証2部について

東証2部へは、ベンチャー企業ではない比較的流動性の乏しい中小型株が上場しています。

 

【上場基準】

  • ・ 株主数800人以上
  • ・ 流通株式数4000単位以上
  • ・ 時価総額20億円以上
  • ・ 3年以上継続的に事業継続していること

 

従って、東証1部上場を目指している企業などが東証2部を占めています。

 

2.ジャスダックについて

ジャスダックには、主にベンチャー企業が上場しています。

 

元々ジャスダックは店頭市場でありました。

つまり、東京証券取引等ではなく、証券会社の店頭で売買されていたのです。

 

上場基準

  • ・ 株主数200人以上
  • ・ 流通株式数1000単位以上
  • ・ 時価総額5億円以上
  • ・ 1年以上継続的に事業継続していること

 

店頭売買から取引所へ転換し、のちに大阪証券取引所に吸収合併され、その大阪証券取引所も東京証券取引所に統合され、今に至ります。

 

このような背景から、ベンチャー企業ではない老舗企業もジャスダックに上場しています。

 

また、ジャスダックは「スタンダード」と「グロース」2つの市場に分類されます。

 

スタンダード市場

他の市場と同様に会社規模や業績に応じて上場する市場。

 

グロース市場

業績が悪くても将来性があると判断されれば上場できる市場。

 

3.東証マザーズについて

東証マザーズには、主に東証1部を目指すベンチャー企業が上場しています。

 

上場基準

  • ・ 株主数200人以上
  • ・ 流通株式数2000単位以上
  • ・ 時価総額10億円以上
  • ・ 1年以上継続的に事業継続していること

 

初めから東証1部上場を果たすのは困難でありますが、東証マザーズへの上場は比較的容易であるため、1部上場の基準を満たすまでの1つのステップとして利用している企業が多いです。

 

▼おすすめ記事
【マザーズに眠る夢のテンバガーを発掘しよう】

 

4.新興市場の投資に伴うリスク

実際に新興市場で投資を行う際のリスクについて記載します。

 

なお、当然ですが東証1部は日本を代表する大企業が名を連ねている市場であるため投資に伴うリスクは低いと考えられます。

しかし、そのような東証1部の大企業が短期で大きな成長する見込みは少ないでしょう

 

新興市場では、うなぎのぼりのような成長が期待できます。

とくにマザーズやジャスダックには多くのベンチャー企業が上場しているため、一攫千金を狙うことも十分可能でしょう。

 

ただし、ベンチャー企業はまだ経営が不安定という点では倒産や上場廃止のリスクも高くなります。

 

その中間に位置する東証2部は中堅企業が多く、東証1部ほどの安定性はないかもしれませんが、マザーズやジャスダックに比べてリスクは低いことが挙げられます。

 

ご自身の投資スタイルに合った市場、銘柄を選ぶことが大切ですね。

 

▼おすすめ記事
【低位株の特徴や上場廃止リスクとの関連性】

 

5.まとめ

東証2部、ジャスダック、東証マザーズでは、それぞれ上場基準が異なります。

 

上場基準を以下の表にまとめました。

株主数 流通株式数 時価総額 事業継続期間
東証2部 800人以上 4000単位以上 20億円以上 3年以上
マザーズ 200人以上 2000単位以上 10億円以上 1年以上
ジャスダック 200人以上 1000単位以上 5億円以上 1年以上

 

これらの違いを理解しておくことで、投資のヒントが見えてきます

 

東証1部昇格への可能性を見出すことができたり、反対に降格したりの企業も予測できるようになってきますので、今後の投資に活かしていきましょう。

 

2018年テンバガー候補銘柄一覧はこちら

CATEGORIES & TAGS

基礎知識,

執筆者:

プロフィール情報