株式テーマ

テーマ株の見つけ方と投資するメリット・デメリット

株式投資には、長期投資からデイトレード・スイングトレードなどの短期投資まで、さまざまな投資手法がありますが、どのような投資をするにしても、マーケットで多くの投資家から注目されているテーマ株を抑えておくことが重要です。

 

注目テーマ株をしっかりと抑えておけば、値上がりチャンスをより多く発見することができるため、投資で利益を上げる機会が格段に増えることは言うまでもありません。

 

ただマーケットで注目されているテーマ株は常に変動しているため、注目テーマ株のトレンドについてはしっかりとアンテナを張っておくことが重要です。

 

テーマ株の見つけ方やそのメリットについて抑えておきましょう!

 

 

1.テーマ株とは

テーマ株とは、政府の産業政策や製品・技術がブームになっていることなどを受けて、多額の資金が流入する業種・銘柄のことです。

 

「政策に売りなし」という相場格言が後押しするように、テーマ株には将来の成長を期待して多額の資金が流入してきます。

 

2017年には、中国やヨーロッパで電気自動車へのシフトが進むとの観測から、電気自動車のセンサーや電池を作っている電気自動車関連銘柄が大きく上昇しました。

 

社会でブームになりつつある製品や技術を持つ企業もテーマ株となりやすい傾向があります。

 

また、空前の仮想通貨バブルもあり、仮想通貨取引所を運営する企業や、仮想通貨と密接な関係にあるブロックチェーン技術を扱う企業などが、仮想通貨関連銘柄として注目を集めました。

 

2.テーマ株のメリット・デメリット

メリット

テーマ株には機関投資家・個人投資家問わず多額の資金が流入するため、短期的に大きく上昇しやすく利益のチャンスが生まれます。

大相場を形成することも珍しくないため、数か月で3~5倍、テンバガー(10倍株)を超える大きな値上がりも十分に有り得ます。

 

2012年末から始まったアベノミクス相場では、当時テーマ株となっていたゲーム会社の【3765】ガンホーがわずか1年間で100倍を超える上昇となり、多くの億り人を輩出したことは記憶に新しいかと思います。

 

メリット

テーマ株にはチャンスがある一方で、値幅(ボラティリティ)の大きさに比例して損失を出すリスクも高まってしまいます。

そのため、テーマ株を扱う際は適切な損切りなどの資金管理を徹底して行う必要があるでしょう。

 

また、テーマ株はニュースが出た直後に大量の資金が流入して急騰しやすいため、高値掴みとなってしまうケースも少なくありません。

先ほどの【3765】ガンホーのケースでは、2013年5月に1,633円の高値を付けて以降、一度もこの高値を抜いておらず、2019年1月現在は200円台を推移しています。

 

【完全テンバガー狙いの銘柄を無料配信中!】

 

3.2020年、注目のテーマ株

毎年多くのテーマが誕生していますが、その中でもひときわ上昇が目立った2つのテーマと関連銘柄をご紹介します。

 

3-1.バイオテクノロジー関連銘柄

社会的にもマーケットにおいても、2020年最大のトレンドは「新型コロナウィルス」です。

2020年に注目されているテーマ株は、その全てが新型コロナウィルスに関するテーマ株であると認識して間違いありません。

 

新型コロナウィルス関連で最も注目されているテーマ株が「バイオテクノロジー関連銘柄」です。

具体的には、新型コロナのワクチン・治療薬開発を手掛けるバイオベンチャー株を主に指します。

 

大阪大学と共同でワクチン開発を手掛けるバイオベンチャー【4563】アンジェスや、新型コロナの治療法開発を始めることを発表した【2191】テラの2銘柄が代表的です。

 

【4563】アンジェスは6倍以上の急騰となっているだけでなく、日々の売買代金が100億円を超えており、バイオベンチャー株でありながらソフトバンクググループやトヨタ自動車と並ぶほどの人気銘柄となっています。

▼【4563】アンジェス

 

【2191】テラは、100円未満のボロ株から20倍以上の大暴騰となっており、新型コロナ相場における上昇率トップ銘柄です。

▼【2191】テラ

新型コロナ相場では株式市場が全体的に反発していますが、新型コロナのワクチン・治療薬の開発で期待されるバイオテクノロジー関連銘柄は異次元の上昇となっています。

 

【完全テンバガー狙いの銘柄を無料配信中!】

 

3-2.テレワーク・オンライン教育・遠隔医療

日本において、新型コロナによる最大の社会変革がテレワークの普及であることは間違いないでしょう。

さらにオンライン教育と遠隔医療についても、新型コロナの影響で注目度が上がっています。

 

テレワーク・オンライン教育・遠隔医療の3テーマ株は、新型コロナで急速に注目度が上がったことは間違いないですが、新型コロナ以前から注目されていた成長テーマ株であったという共通点があります。

 

テレワーク関連銘柄としては、【3681】ブイキューブや【4776】サイボウズ、【3694】オプティムなど、新型コロナ以前からIT成長株として注目されていた銘柄が買われています。

 

オンライン教育関連銘柄では、【2345】アイスタディや【3998】すららネットなどが新型コロナ相場で強く買われています。

 

オンライン教育は新型コロナ前からマーケットでは注目されており、2019年にはオンライン英会話を手掛ける【6096】レアジョブがテンバガーを達成したことが話題となりました。

▼【6096】レアジョブ

 

遠隔医療関連銘柄としては、2019年10月に日経平均構成銘柄に採用された【2413】エムスリーが大きく買われています。同社は日経平均構成銘柄の中でも屈指の成長株として知られています。

▼【2413】エムスリー

テレワーク・オンライン教育・遠隔医療の3テーマ株は、新型コロナで新たに注目されたのではなく、新型コロナ前からの成長トレンドが加速された形になったと見るべきでしょう。

 

3-3.巣ごもり消費関連銘柄

新型コロナの影響で、外食・観光・エンタメ産業などが壊滅的な被害を受けていますが、一方で大盛況となっている業界もあります。

その代表が、ネット通販を中心とする巣ごもり消費の拡大です。

 

マーケットでは、大手ネット通販はもちろん、ネット通販が増えると必然的に需要が拡大する物流株にも資金が流入してきています。

 

ネットショッピング大手の【4755】楽天やフリマアプリ大手の【4385】メルカリは堅調に反発しており、物流大手の【9064】ヤマトホールディングスも好調です。

 

またEコマースプラットフォームを手掛ける【4477】BASEや、Eコマースの配送代行業を手掛ける【9326】関通といった新興銘柄は急騰しており、巣ごもり消費関連銘柄は東証一部の大手銘柄から新興銘柄まで幅広く買われている状況です。

 

巣ごもり消費関連銘柄には身近な銘柄が多いため、新型コロナ相場を機に株式投資デビューをしたいと考える投資初心者の方にはおすすめのテーマ株となっています。

 

【完全テンバガー狙いの銘柄を無料配信中!】

 

4.意外と簡単!テーマ株の見つけ方

テーマ株を誰よりも早く見つけることが出来れば利益のチャンスが増えるわけですが、プロのトレーダーであっても事前にテーマ株を予測するのは不可能に近いことです。

 

テーマ株を探すための情報を集めようとしても、日経新聞や四季報、ネット上の有名サイトに情報が載った時点で多くの人が目にすることになります。

気づけば既に高値圏ということも良くある話でしょう。

 

テーマ株を見つけるには、政府の産業政策のニュースや社会のトレンドや最新技術に敏感にアンテナを張り巡らせておくように、常に情報収集を欠かさないことが重要になってきます。

 

なかでも『株探』の情報が見やすいのでご紹介しておきます。

 

現在注目されているテーマ株が一目で分かり、関連銘柄一覧も表示できますのでおすすめです。

 

【完全テンバガー狙いの銘柄を無料配信中!】

 

5.まとめ

 

大きな利益のチャンスが溢れているテーマ株ですが、高値掴みや暴落など、リターンの可能性と同じ位のリスクが伴います。

 

そのため、テーマ株に投資する際は適切な資金管理で損切りを厳格に行うことなどルールを守りましょう。

 

テーマ株を追うことで大きな利益が期待できるのは事実ですが、何よりも大切な虎の子を投資するからには冷静な判断が必要となります。

また2020年は新型コロナウィルスによるコロナ禍で株価は上下していますので、くれぐれも慎重に投資していきましょう!

CATEGORIES & TAGS

株式テーマ,

執筆者:

プロフィール情報