プロ厳選3銘柄を先行配信中!
お役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスを今すぐ登録!
 個人情報保護に関する事項に同意する。
 利用規約、メール配信に同意し日本投資機構株式会社からのメールを受け取る。
 当サイトの反社会的勢力との関係遮断に対する基本方針に同意する。
 契約締結前交付書面を日本投資機構株式会社の配信メールに記載されているURLから確認又はPDFダウンロードにて受領し、契約締結時交付書面をご契約後にメールにて受け取る書面の電子交付サービスに同意する。※ご登録頂くコンテンツは、日本投資機構株式会社が運営するサービス名『キングトレード投資顧問』です。

投資法

円高メリット関連銘柄を解説!基本の円高についてや注目すべき銘柄などをご紹介

 

ニュースや新聞記事などで、頻繁に目にする「円高」や「円安」という用語。

円が米ドルに対して安いのか高いのか、といった概要をご存知の方が多い一方で、実態経済にどのような影響を及ぼすかはイメージしづらいのではないでしょうか。

 

実は日本企業にとって、事業活動を行う上で最も重要な指標と言っても過言ではありません。

そのため財務省含めた政府要人も為替に関する発言はとても慎重に行っているのです。

 

今回はどのような状況に「円高」や「円安」となるのか、その場合どのような影響があるのか、といった観点についてご説明したいと思います。

 

中でも最近円高方向に推移していることを踏まえ、円高によってメリットを享受する企業を取り上げ、株価動向やその背景について分かり易くご紹介したいと思います。

 

【完全テンバガー狙いの銘柄を無料配信中!】

 

「円高」「円安」とは?

「円高」や「円安」とは、どういう状態を指すのでしょうか。実は絶対的な基準値のようなものはありません。

 

過去のある時点と比べて、「円高」になった、「円安」になったと表現されます。

円高や円安と表現される場合、通常米国ドルに対しての円の価値の変化を意味しています。

 

例えば1ドル120円から110円に変化した場合、米ドルに対して円の価値が上昇しているため「円高」と表現され、逆の場合「円安」と表現されます。

 

なぜ通貨の動きが何故日本企業にとって重要なのか?

主に以下の2点です。

調達コスト

日本は資源が少なく他の国からエネルギー源を輸入しています。

あるいは海外にある工場から必要な原材料を仕入れています。

 

例えば5ドルの部品を調達するとします。

1ドル100円の為替レートの時では500円ですが、1ドル120円の時は600円となります。

 

同じ部品を購入しているだけなのに、為替変動によって調達価格が20%も上昇してしまうのです。

このように、為替レートがどちらに動くかによって、企業の調達コストが大きく影響を受けるのです。

 

価格競争力

調達コストの反対側の話ではありますが、日本から海外に輸出する際、為替レートによって買い手側からすると購入価格が変動します。

例えば1個100円の部品を輸出する際、1ドル100円であれば1ドルで購入できますが、1ドル80円の円高になると1.25ドル必要となり、価格が上昇します。

 

価格の上昇は競争力の低下を意味しており、輸出産業にとっては逆風と言えるでしょう。

また最近になって為替レートは円高方向に変動しています。

 

すると上記の例に沿えば調達コストは低下する一方、価格競争力は低下することとなります。

つまり、海外から原材料を仕入れて国内で販売しているような企業群は円高メリットを享受することが出来ます。

 

ここでは円高メリット企業についてもう少し詳しく見ていきたいと思います。

 

・「円高」や「円安」は通常米国ドルに対する円の価格の変動を意味している。
・円高メリット企業とは、海外から調達し国内で販売する企業のことを指す
【完全テンバガー狙いの銘柄を無料配信中!】

 

「円高メリット」銘柄が上昇する理由は?

「円高メリット」関連銘柄が株式市場で注目されている理由は、為替変動による業績の改善です。

そもそも為替レート自体を正確に予想することは専門家でもかなり難しい領域です。

 

そのため、長期的な見通しに基づいて株式市場から注目を浴びることはあまりありません。

 

直近の為替レートや数か月先の政治イベントなどに基づいて予想が形成されるため、業績改善も短期的な時間軸での期待から注目が高まっていくことが通例です。

 

そういう意味では、円高方向に傾いている今は、円高メリット銘柄への関心が高まる局面と言えるでしょう。

 

円高メリット期待から上昇した銘柄【8227】しまむら

同社は衣料専門店の「しまむら」や子供服専門店の「バースデイ」などの業態で全国的にチェーン展開を行っている企業です。

店舗をご利用したことがある方も多いのではないでしょうか。

 

同社の主力商品である衣料品は、多くが海外の原材料や商品を輸入してきたものとなっています。

中間に衣料品の専門商社を経由して仕入れたりしていますが、こちらも元をたどれば原材料などは海外からの輸入が主力となっています。

 

そのため円高局面では仕入れコストが下がるメリットを享受します。

一方で、店舗自体は国内が中心のため、価格競争力の低下は発生しません。

 

そのため為替レートが円高の局面では、輸出産業はネガティブな要素が多いですから、こうした内需系の業界に注目が集まりやすいと言えるでしょう。

米ドルレートが70円~80円台にあった2011年の同社の株価変化率は約+5%と小幅のプラスとなっています。

 

一方、同期間のTOPIXはマイナス20%弱でしたので、相対的には好パフォーマンスだったと言えるでしょう。

 

90%上昇した【9990】サックスバーHD

同社が全国に「サックスバー」や「グランサックス」などの業態でカバンや財布などを中心に取り扱う専門店を展開しています。

 

取り扱うカバンや財布は、原材料や製造拠点が海外に存在することが多いため、仕入形態は輸入が中心となります。

 

また、一部では有名な海外ラグジュアリーブランドを取り扱っており、こちらも輸入が中心となります。

そのため円高局面では仕入れコストが下がるメリットを享受します。

 

先程のしまむらと同期間の年間パフォーマンスは約+90%と大幅に上昇しました。

 

円高メリットを享受する企業として、内需系の企業に注目すると良いかも知れません。

 

・円高メリットを享受する代表的な業界が小売業などの内需系産業
・株式市場はあくまで短期的な為替レートの見通しに基づいていつので、注目される期間も短期で終わることが多い
【完全テンバガー狙いの銘柄を無料配信中!】

 

「円高メリット」銘柄

 

【3382】セブン&アイホールディングス 「イトーヨーカドー」や「そごう」など多様な小売業を展開する総合小売企業。国内売上高の割合高く円高メリットを享受しやすい。
【7453】良品計画 「無印良品」を全国規模で展開している企業。衣料品や雑貨などはアジアから仕入れている商品も多く、円高メリットを享受しやすい。
【9983】ファーストリテイリング 「ユニクロ」や「ジーユー」などの衣料専門店を全国規模で展開している企業。海外展開を強化しているものの、主力の国内事業で円高メリットを享受しやすい。
【9861】吉野家ホールディングス 牛丼チェーンの「吉野家」や「はなまるうどん」などの多様な業態を展開している外食企業。牛肉を米国から輸入しており、円高メリットを享受しやすい。
【8267】イオン 「イオン」や「マックスバリュ」業態を手掛ける国内トップクラスの総合小売業。主力は国内店舗であり、円高による調達コスト低減効果あり。
【9990】サックスバーホールディングス 「サックスバー」などのブランドでカバン専門店や財布専門店を全国の商業施設中心に出店。海外経由の商品が多く円高メリットを享受しやすい。
【8227】しまむら 衣料専門店の「しまむら」や子供服専門店の「バースデイ」などを展開する企業。主な商品の衣料品は海外経由が多い。
【9982】タキヒヨー しまむらなどの衣料専門店向けに衣料品を中心に供給する専門商社。海外経由の商品を取り扱うことから円高メリットを享受しやすい。
【3197】すかいらーくホールディングス 「ガスト」や「ジョナサン」などの有名ブランドを多数有する国内トップクラスの外食チェーン。輸入食材なども取り扱うため円高メリットを享受する可能性。
【3087】ドトール・日レスホールディングス カフェ業態の「ドトールコーヒー」や「五右衛門」などのレストラン業態を手掛ける外食企業。コーヒー豆は輸入のため円高によるコスト低減効果あり。
[【完全テンバガー狙いの銘柄を無料配信中!】

 

おすすめ「円高メリット」

【9994】やまや

市場 東証一部
業種 小売業
単位 100株
関連企業 MrMax、コジマ、エディオン
企業概要 「やまや」のブランドで種類専門店を全国的に展開する。グループ企業にチムニーを有する。

注目ポイント
ワインを数多く取り扱っており、円高シフトは仕入原価に繋がるため業績面ではポジティブ。円高メリット関連銘柄として注目される可能性がある。

 

【2782】セリア

市場 JASDAQ
業種 小売業
単位 100株
関連企業 キャンドゥ、ワッツ、ローソン
企業概要 100円ショップ「セリア」を全国規模で展開している企業。

注目ポイント
雑貨類は中国を始めアジアから調達した商品が多く、円高メリットを享受する銘柄として注目されやすい。

 

【7874】レック

市場 東証一部
業種 化学業
単位 100株
関連企業 エステー、アース製薬、ライオン
企業概要 「激落ちくん」ブランドを有する日用品の製造・販売を手掛ける企業。大口顧客に100円ショップを抱えている。

注目ポイント
円高によって調達価格が減少することからメリット享受企業として注目される可能性がある。

・内需系で、かつ輸入商材を多く取り扱う企業は関連銘柄として認識されやすい
・特に雑貨や衣料品などの日用品回りは輸入商材が多いためメリットを享受しやすく注目される可能性が高い

まとめ

日々変動している為替レート。

日本は輸出産業が中心ですから、どちらかと言えば円安の方がメリットは大きいと言えます。

 

そのため1ドル80円近辺で推移している期間は、円高デメリットが強調されてきました。

しかし、実は円高によってメリットを享受している企業も存在していたのです。

 

そして安倍政権誕生以降、日本円は円安が進行してきました。

今度は輸出産業を中心に追い風の事業環境下にあったと言えるでしょう。

 

一方で最近では、再び円高への動きも出始めています。

為替レートを予想することは非常に難しく、プロでも間違えることが当たり前にあります。

 

そのため、株式市場は短期的な見通しから投資対象を入れ替えています。

「円高メリット銘柄」と「円安メリット銘柄」を常に手元で把握し、素早い相場変動に対応していく必要があるでしょう。

 

CATEGORIES & TAGS

投資法,

執筆者:

プロフィール情報